EXEネットバトラーの独り言

今更ながらロックマンエグゼの通信対戦に力を入れているネットバトラーのつぶやきです。VBA-Linkでエグゼ6の対戦相手を募集中です!

プロフィール

フォル

Author:フォル
どうもエグゼマニアのフォルです。
初めましての方もそうでない方もよろしく

連絡があるかたは↓の◎を@に変えてメールください
exe.battler◎live.jp
スカイプ名:exebattler

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • エグゼ6 ネット対戦記録


10/11に対戦した動画がupされたみたいです。
1P(うp主=オオハシさん):ボイラーvs2P(俺):バグデス


後になって見返すと本当にギリギリの戦いでした。
特にトリプルバトル一戦目は相手のバグのかけらが亡くならなければ完全にこちらの負けでしたね。


こうして自分の対戦動画を見てみると反省点とかよく見えてきます…とりあえず立ち回りの下手さに泣けてくる。
実際に一戦目はエリア勝ちしてこちらの勝ちパターンに持ち込んだのにも関わらず追い込まれているわけで。 要反省。
二戦目もやはりエリアを制して相手に好きなことをさせなかったのが大きいです。
正直こちらもミスは多かったのですが相手のコンボが当たらない位置までいい感じにエリアを盗めました。やはりエリスチ、パネスチ合計10枚積むと安定してエリアを奪えますねw



先日の対戦動画に加えて本日はkickerさんとの対戦。この間紹介したカミングロード+スラッシュを使ってきたかなり凄腕のネットバトラーです。
先日の対戦は上の動画のような感じで非常に重かったのですが今回は比較的サクサク通信することができました。一時的に軽すぎて実際のGBAを使った対戦以上の速さになったこともありました。まともに動作するネット対戦をできるとうれしいものですね。あとはもっと対戦相手を募集できるようになれば文句はないのですが…なんとかしてVBA-Link利用者を増やしたいものです。


今回相手は4種類くらい(?)フォルダを使っていましたがどれも完成度の高いフォルダばかり。とくにトルネードフォルダには瞬殺されてしまいましたorz

 

第一戦目 泡星vsエアホトルネード



こちらはシニア(改造カードなしの戦いのこと)で一時期流行っていたいわゆるビーストン。エグゼ6を象徴する超速攻フォルダです。獣化によって普段は当てにくいバブルスターやエレキパルスなどを当てて、獣化中の3ターン以内で敵を沈める。バブルスターやエレキパルスは相手を行動不能にできるうえ、バブルスターをくらった敵は電気によるダメージが二倍となるのでバブルスター→エレキパルス→バブルスター→適当な電気チップの流れでかなりのダメージを与えることができます。


対する相手はマスターズ(改造カードありの戦い)が主体であるエアホトルネード。
エアホイールにトルネードを当てるとエアホイールの回転数が上がり、多段ヒットを狙えるというコンボ主体のフォルダです。マスターズの場合はトルネードと同じ役割でノイズストームが使われることが多いのでエアホノイズなんて言い方もよく聞きます。
このフォルダはコンボが主体なので安定しないのと、エリアを押しているのが前提となるので速攻が基本のシニアでは厳しいのですがkickerは上手くコンボを決めてきました。


結果は相性のいい超速攻型である泡星の勝利。さすがに速攻のフォルダで勝てないようだと太刀打ちする手段がありませんからね(;^_^A アセアセ・・・


第二戦目 ダストバグデスvs



今度こちらはこの間紹介したバグデスフォルダ。ダストスタイルでチップを回してバグデスをより早く引くためのフォルダです。バグデスだけでダメージは稼げるので他のチップを全部サポートに回せるのが強み。基本的にエリア勝ちしていれば負けないフォルダで特に欠点もありません…シニアなら。

対してkickerさんは…何使ってきたのか忘れてしまいました。すいませんm(_ _;)m
もしかしたらこちらの都合が悪いので忘れてしまっただけなのかもw
やっぱり対戦動画は自分で録画しておくに限りますね。私みたいにブログを書いているなら特に、、、。
今度からは動画を撮ろうと思いますがついでにニコ動とかに上げるかも。対戦の参考に見ておくといいかもしれません。


第三戦目 ダストバグデスvsトルネード一撃



今度はトルネードフォルダ。kickerさんは本当によくできたフォルダをいくつも作っているので戦っていて飽きません。僕も見習っていくらかフォルダをつくろうかな…でも結局スラッシュとバグデス以外ネタフォルダで終わるのが眼に見えている…。


ちなみにトルネードフォルダはいわゆるトルコンと言われるコンボを利用したもの。相手が属性パネルの上にいるとトルネードは16ヒット、さらにトルネードにホワイトカプセルを付けると32ヒットするという特性を利用してトルネードによる一撃デリートを狙ったフォルダです。
このトルネードコンボはストーリー攻略とかではよく使われるのですが対人戦では成功率の低さとコンボ主体という安定感のなさ、攻めの遅さなどからあまり使われないのですがそれを上手く使ったのがkickerさんでした。

冷静にエグゼ3でもバブルマンによる一撃フォルダがあるように一撃フォルダは結構成立するものが多いです。ただ安定感のなさから主流のフォルダから外されることが多いだけで。
今回は自分のガチフォルダがトリプルバトルの二戦とも一瞬で砕け散るという結果に終わってしまいました。やっぱり一撃フォルダつえええ。

参考までに一撃フォルダの基本的な組み方。
まず一撃フォルダの格となるコンボ。これが成功率の高いほうが、さらに言えばコンボではない方が当然安定感も増す。例えばエグゼ2の一撃フォルダの一例としてフォルテにひたすらナビ+20を付けるのとかですね。あれなんかはコンボなど不要でただフォルテを連打で発動するだけですから。話がそれましたがそのコンボを主体に今度はサポートチップを入れていく。特にコンボが揃うまでターンを稼げる防御チップ、一撃が当たるようにするためのサポートチップを大量に入れるのが重要。基本的にはこんな感じです。一撃フォルダは一般的にヘビーゲージとの相性がいいのでヘビーゲージは入れておくといいかもしれません。相手の防御チップ切れを狙える上にこちらもコンボを仕掛けるタイミングが広がるという訳です。
ただ一撃フォルダの悪いところは一発を凌がれるとかなり厳しくなるってことですかね。特にドリームオーラとかの対策を怠ると厳しいものがあります。

で、今回の対戦では見事に防御チップを貼る間もなくロックマンが消し飛ばされました。
やっぱり獣化がある分コンボもエグゼ6だと当たりやすいですね(言い訳
トルネードの一番の防御方法はやっぱりステータスガード(麻痺などにならない)のトマホーククロスですかね。といってもブラストで剥がされたり奇襲だったらどうしようもなかったりと一瞬の判断の難しさがありました。



第四戦目 ダストバグデスvsパルス?



最後の対戦も記憶から消えてしまいました、すいませんm(_ _;)m
結局のところバグデスは安定しますね、以上。




kickerさんのフォルダ構成能力に触発されたので今度僕もフォルダをいくつかつくろうと思いますl。できればコンボ主体のフォルダで。
持久型フォルダも逃げ型も面白く無いので出来れば攻撃的なフォルダがいいかなぁ…
コンボならではの面白さが出るようなフォルダを組む予定なので楽しみに待っていてください。
それでは(* ̄▽ ̄)ノシ

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。